英語の教育が2021年から変わります

2021年から小学校・中学校の英語の学習指導要領が一気に変わることはすでに皆さん知っていると思います。

どのように変わっていくのかというと、まず小学校5・6年生が外国語活動が、小学校3・4年生に前倒しとなり週に2回は英会話の授業があるようになります。

この小学校の段階の英会話の授業ではまだ「What do you want?」や「What do you like?」など定型文をベースとした英会話学習になるものの、コミュニケーションを中心とした英会話学習がさっそく導入されます。なのでまだ英会話になれていない生徒は結構抵抗を感じてしまうこともあるかもしれません。また、驚きなのが単語の多さで、小学校までに約700語知っている必要が出てきます。

中学校の英会話教育においては、今まで高校で学習していた現在完了進行形や仮定法、原形不定詞等が加えられるのと合わせて、単語も約1,600~1,800語と少なくありません。

いきなり小学校からハイペースで英語の学習が進んでいくとなると、英会話に対して「苦手意識」を持った子どもたちは結構苦戦するのではないでしょうか?

大人でさえも「簡単な日常的な英会話」に苦戦するなか、子ども達は週にたった2回の授業の中で英語を習得していかなくてはならないのですから。

私自身英語を大人の方に英会話を教える機会が多い中で、中学・高校の時に感じた「苦手意識」をいまだに持っている大人の生徒さんって意外と多いんです。

どんどん難しくなっていく英会話教育の一方で、子ども達に「苦手意識」を持たないように英語を伸ばしていくにはどうすればいいか?を今回のブログでお話しします。

英語が楽しい、難しくないものだと感じてもらう

英会話をレッスン時に「難しい!」と感じることが、最も「苦手意識」を生み出す原因です。

当校の生徒さんで、「いきなりネイティブの先生に話しかけられて、それから英語が怖いものになってしまった」という子が結構います。

実はこういった英語がわからない「不安」を、「英語=恐怖」ととらえてしまうケースは、とても多いんです。

しかし、最初は恐る恐る英語に触れている子も、「なんだ、英語ってそんなに難しくないじゃん!」と思ったとたん、自ら「I can swim!」や「I go to school everyday!」と話しだします。

それがたとえ1回目のレッスンでも、です。

いきなりわからない英語という未知の言葉を子ども達に押し付けても、勉強する当の本人は相手のしゃべっている内容が理解できず、その理解できないことが「不安」や「恐怖」となり、いずれ「英語の苦手意識」を持つようになっていきます。

子どもは驚くほど吸収力がいいので、しっかり理解でき「楽しく」学べば、英会話はどんどん伸びていきます。

でも、英語の意味を全くわからない状態でレッスンをしても、学習効率が下がるだけではなく、「恐怖」となり「英語事態を苦手だと認識」し始めることがあるのです。

小さな「成功体験」が英語を伸ばすカギを握っている

例えばあなた自身が英会話を習っていて、「できるようになった!」といった実感がないと実際に勉強したくなくなると思いませんか?

子ども達も、まったく同じように感じます。

自分が「できる!」「簡単!」「もっと挑戦したい!」と思わないと、積極的に英会話の学習はしませんし、英会話は伸び悩みます。

では、どうしたら「成功体験」を子ども達に実感させられるか?

実践的な英会話練習を通しての、繰り返し(反復)の練習と、1割の「挑戦」です。

繰り返し学習は、子どもの学習において最も大切です。

当校のレッスンの場合毎回のレッスンで学んだことは当校に通っている間半永久的にレッスン内で復習するプログラムになっています。それくらい英語を習得する上で繰り返し・反復学習をすることは大切なんです。なかなか覚えられない生徒は、何度も繰り返し反復練習を自然に行うことで、徐々に覚えていきます。

英語の反復と聞くと、ただ読んだり・暗記するというイメージを持たれるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。例えば、前回のレッスンで「There is an apple.」を学習したら、次の週は「Is there a dog?」「Yes, there is」といったフレーズを使った違う表現の英会話も、繰り返し学習の一つです。

そしてもう一つ大切なファクターが、「1割の挑戦」です。1割という点が重要です。

子どもの英会話学習は1にも2にも、とにかく楽しんでもらうことがとても重要です。

そのためには、「難しいこと」や「わからない事」が多いと、どうしてもレッスンに飽きてしまうし、楽しくなくなってしまうため、記憶力も低下します。

でも毎回知っている事をやっても成長は期待できませんよね?

じゃあどうすればいいか?

例えば、どうしても動詞のwatchが覚えられない子がいたとしたら、「What do you do every day?」のフレーズを子ども達と一緒に復習し、watch TVを言っていることを聞いてもらったり、カードを使ってWatch TVにつながる文章を作るゲームをしたり。指摘しなくとも、徐々に、そして確実に染みついていくアプローチをたくさんレッスンに取り入れています。 

おススメ英会話学習法

親御さんでも今日からさっそくできる学習法があります!

それは、動詞や名詞のカードを使った反復練習法です!やり方は簡単です、朝でも夜でも10分と時間を決めて、まずはお父さん・お母さんが発音して音を聞かせてください。子どもたちはみんな上手に音真似します。それを一日5単語と決めて、毎日の日課にしてください!一か月もすればかなりの量の単語を覚えられますよ!

この時に大切なのは、楽しくゲームのようにやることです。お父さんとお母さんが一番楽しむつもりでやってください!一週間もするとお子さんから「単語やろう!」といってくるはずです。 

contact us

少人数制英会話教室 「language Boost Kids」