小学校2年生から英語を始めて、1年間の学習の変化

当校に入学される生徒さんのほとんどが、Language Boostの大人の方のレッスンの生徒さんのお子さんというケースです。

お父さん、お母さんが英語をしっかり身に着け、お子さんに英語で苦労してほしくないという思いで入会してくるという感じです。

ただ、やはりほとんどの生徒さんは一度ネイティブの学校に行ったことがある子がほとんどで、かなり英語に対して構えてきます。

【英語はわからないから、いやだ!】

【英語は楽しくない!】

【英語は別に勉強しなくていいの!】

といった感じです。

英語がわからない=楽しくない、当たり前の感情ですね。

今回のタイトルの女の子も、例外ではありません。

入学初日は日本語であいさつするときも、【この人はいつ英語を話してくるんだ!】という感じで構えられて

日本語での会話もなかなかしてくれません。

しかし、30分のレッスンで英語が簡単で、実は話してみると楽しいということが分かったとたんに、

おしゃべりになります。

私はこのお子さんたちの【最初の構え】が【楽しさ・喜び】に変わる瞬間がとても好きです。

最初はわからなかった得意なことや、好きなことがレッスンを通してたくさん知ることができます。

☆当校のレッスンの流れ☆

①動詞や名詞で、文章の柱を作る

最初のころは、少しずつ動詞を積み重ねていき、大体1年で100個の動詞が表現できるようになります。

これも、ただ覚えた動詞ではなく自分の意志で文章を作れるようにしていきます。

例えば、

What do you do at night?

といわれたら、瞬時に

I take a bath at night!

のようなものがどんどん作れていくようなイメージです。

①文章を作れるようにしていく

単語がわかっても文章が作れない、聞き取れないでは会話にならないので、

動詞と合わせてレッスンごとに新しいフレーズを練習していきます。

お子さんによっては、視覚的な処理で理解できる子、音の感覚がいいので発音すれば覚えてしまう子、宿題を通して確実に身に着けていきたい慎重な子、たくさんいるので、その子の個性に合わせて学習を進めていきます。

③実践練習

実践的な練習は、ゲームや覚えた文章のテストを行ってきます。

負けず嫌いな子は、次のレッスンまでに確実に練習をしてきますし、得意なゲームは張り切っている子など様々です。

実践練習では、絵を見て英語でクイズをしたり、質問をしあったりします。

☆当校の一番の違いは、【親がレッスンを見られるので、実際の成長を常に感じることができる】

実は先日当校に入った生徒さんのお子さん、すでに英会話教室に3年も通っていた子です。

驚いたころに、親御さんはその英会話教室に通っていた3年間、息子さんが一切教室で英語を話していなかったことを最終日に知ったそうです。

でもこんなことよくあることだと思います。

親が見ていないと、どうしてもやる気がでなかったり、宿題をしなかったり、、、

でも当校の一番の違いは、毎週が親子参観です。

お母さんは家事をしながら確実にレッスンを聞いています、そしてそれをお子さんはわかっています。

時々間違えてしまったり、とてもうまくできたりしても、お母さん・お父さんが見ているので、自身につながりますし、レッスン時間が引き締まります。

☆レッスンのコア☆

常に楽しく、宿題をしっかり成果として感じてもらうレッスンにしています。

楽しいだけでは、英語の学習は続きません。

成長を子供たちも感じないと、どうしてもだんだんやりたくなくなってしまうのです。

楽しい・成長を本人が実感できるレッスンを提供しています!

レッスンのご予約は、

以下のいずれかからお願いいたします。

Phone: 08067899595

Email: languageboost2018@gmail.com 

Reserve: https://reserva.be/languageboost

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です